『無駄な超能力』


ある日、ある男は、目の前の男が浮いていることに気付きました。
10センチくらい。

原案は平居正行でした。
…とても不思議な発想でしたね。