【まだ夏は…】平居にさげすまれ続けながら粕谷は考え続ける

花火の平居正行と考える粕谷幸司

この夏、やり残したことありますか?

平居は花火を見なかったのが、心残りのようですが。
…まだ夏は、終わらせられないんじゃないですか!?

足の裏を蚊に刺されたり、夏らしい食べ物でも夏を感じられます。


粕谷はまだまだ、住環境について考え続けていました。

「今の部屋…、天井高いからロフトベッド入れたら良いんじゃね!?」

でも…過去にも一度、ロフトベッドを導入したことあったはず…?

どうする?どうなる?

どうぞお気軽にお楽しみください。