20200121 取り立てて何もないなら思い出話でもしてみよう

無からでも何らかを話しているのが粕谷です。
小さい声でものんびりニコニコしているのが平居です。

あらためて考えてみると、こんなにユルい、ある意味で退屈な会話をのんびり楽しんでもらえる空間、そんな番組って不思議に嬉しいですね~。

たぶん、無理をしていないのが良いのかな。
少し元気が出ない時も、その時の声が素直に残っているような。
それを聴いてくれるリスナーさんが、何を感じてくれるかな?って、いつも考えています。